« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月21日 (水)

政治とプロレス

今さら選挙の話題もなんだけど、ほとぼりが冷めた頃に今回の選挙を冷静に振り返ってみました。
結論は・・・「政治ってプロレスだな」です。
小泉自民党の圧勝はご周知のとおりですが、今回の小泉劇場をプロレスに例えてみるとこうなります。

リング上でマイクを握り、リング下のオカダに睨みをきかすコイズミ。
「おらぁ~っ。オカダぁ上がってこいやぁ。今度の9.11ドーム(総選挙)で決着つけてやる。」

リング下の民主プロレス・オカダはルール変更(年金問題・教育問題)を要求するも観衆に届かず。

コイズミ「全員今度の9.11で叩き潰してやる!逃げるなよこらぁ。」

沸き立つ大観衆。

勢いづくコイズミ「自民プロレスの奴等も俺について来れない奴はまとめて決着つけてやるゾ、こらぁあ」

盟友だったはずの自民プロレスのカメイ、ワタヌキらは自民プロレスを離脱し新団体設立を高らかに宣言するも、
客を呼べるスター選手不在で劣勢。

結局9.11ドーム大会では、要求どおりコイズミルール(郵政一本勝負)で戦ったコイズミ一派の圧勝という幕切れ。。。

離脱とか新党設立とか、ベビーフェイスやヒール(悪役)入り乱れてのリング内外での舌戦などは、
さながらプロレスそのものです。スーツ着てるかパンツ一丁かの違いくらいかな。

と、終わってみればこんな感じですしたが、かつてのプロレスもそうであったように団体乱立で人気が衰退なければいいのですが・・・。まぁ、最悪そのときは政治もバーリトゥード(何でもあり、ノールール系)路線で・・・・

そんなことを考えつつも本日の講師Aはといえば、

午前からスタジオに入り、収録講義(AFP)3Hでした。夜はといえば、しばらく仕事が忙しくてサボっていた「数量分析講座」に出席しましたが、本講座に入り、何やら異次元の用語が・・・なんか区間推定だとか、信頼区間とか、キムジョンイ・・・じゃなくて帰無回帰(きむかいき)みたいな話でした。でもCFP金融にも出題される標準正規分布の話だったので、まぁまぁ面白かったかな。でも相変わらずσ(シグマ)とかμ(ミュー)とかは嫌い。

次回は9月に行われたAFP試験(金融・学科)の解説でもするかね。そういえば、このブログのタイトル「金融の穴」だったよなぁ・・・忘れないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

2005年初ラウンドで・・・

本日は久し振りのお休み。普段はあまりやらないゴルフに出掛けました。
pic_0146

あの富士山を馬で走破した伝説を持ち、つい先日セブ島でデング熱(性病ではないらしいです)をもらってきた友人ブロガーK氏と仕事でお世話になってるT社のM氏の3人でラウンド。ゴルフの結果と講師Aの腕前については、彼のブログに書いてあるのでそちらで・・・どうかハンカチを忘れないで下さい。涙なしには読めませんよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

大阪帰り再び・・・

またまた週末大阪出張から帰還しました。今回は街に繰り出すこともなくホテルでマッサージ受けて原稿チェックしてました。疲れ果てて新横浜で降り損ねそうでしたが間一髪セーフ!
明日は友人ブロガーのK氏と群馬方面でゴルフっす。5:00起きだべ。しかも昨年末以来のゴルフ、練習一切なし・・・恐ろしい結果が待っているような予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

大阪帰り

本日大阪から帰京しました。
土曜日はCFP試験対策を東京で6h、日曜日は大阪で6hでした。帰京してすぐ他校から依頼のCFP模試作成ですから、講師Aは先週からCFPウィークですね。

明日は証券外務員の収録(2本撮り)です。夜は数学のお勉強の予定ですが・・・模試作成終わってないんで休もかな・・・仕事優先だよね。やはり。

講師Aが大阪滞在中に終わりましたね、選挙。投票率は67%ですか。結構いったね。
結果についてはあらためて書きませんが、早速山積した諸問題に取り組んで頂きたいものです。

講師Aは山積した締め切り仕事に取り組みますか・・・

(写真)大阪在住の友人(岡田代表似!)の案内でお好み焼きに舌鼓。
P505i0012386582


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年9月 9日 (金)

投票用紙に日本の未来を託す

衆議院選挙の投票日は大阪出張中のため、原稿執筆を少し中断して期日前投票に行ってきました。
P505i0012321045

投票所は投票に来た人でごった返していましたよ
(国民の関心の高さが伺えます)。
2児の父でもある講師Aとしては、とにかく政治が変わって
日本に明るい未来が来ることを切にに願っております。
そして再び日出ずる国“ニッポン(注)”を取り戻してほしいものです。
(注)政党名じゃないです!ややこしいな。

(写真下)先日新幹線内で偶然出くわした“ライジングサン”。静岡あたりを通過中だったでしょうか・・・
ニッポンの日の出を暗示か??
P505i0011403529

失礼しました!仕事に復帰します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

ちょっといい話・・・?「青年とパブ」

今日はちょっといい(笑い)話です。

昨日の講義が始まる前のこと・・・。資格学校T社の地下にある喫煙ルームで一服しようとしていたところ、ライターがないことに気付き、近くにいた受講生らしき若者にライターを借りました。すると彼、「2つ持っているのでそれあげますよ」と快くライターをくれたのです。私のクラスの受講生ではないと思うのですが、いい人だなぁと感動しつつ礼を述べて遠慮なくもらうことにしました。
・・・とここまではフツーの心温まるお話でしたが、彼が去った後、そのライターをふと見ると「フィリピンパブ ボニータ」のロゴが・・・
これは何か彼からのメッセージだったのでしょうか?そんなわけで、ライターをくれた彼の爽やかさとロゴとのギャップに戸惑う講師Aでした(爽やか青年でもフィリピンパブ行くんだね)。
P505i0012189971
帰りの電車の車中でこのことを思い出していたとき、
相田みつを氏の「人間だもの」という言葉が脳裡に浮かびました
(何故か映像はチリ人妻で話題になったアニータの顔でした・・・)。
アディオスアミーゴ!
(写真上:フィリピンパブ「ボニータ」住所には西川口とある・・・)
P505i0012255508
(写真下:こちらはハブ。奄美・沖縄諸島に生息する毒ヘビ。
毎年多くの人が噛まれるらしいよ。)
↑スミマセン!このパターンしつこいですね(もうやめますから今回だけは見逃して)。

そんな中、本日のアクセス数100件を突破!(最多更新)なぜ??
◇◆◇◇◆◇
本日のセミナーは都内で某銀行のお客様向けセミナー(1h)でした。
◇◆◇◇◆◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証券外務員講座初日盛況!

前にもこのブログで書いたけど、本日より大手資格学校T社の八重洲校で「証券外務員資格講座」が開講しました。通学で全8回です。詳しくはこちら
初日でしたので、どれくらいの受講生が来てくれるのか不安でしたが、ふたを開けてみれば30名強の方が受講してくれました。P505i0012124434

お~っ(拍手)。ひと安心です。人数によって私のギャラが変わることはないんだけど、やっぱり受講生は多い方がいいよね。講義終了後に数名の受講生と話したところ、IT企業に勤務している若者は「自社株買って一儲けしたいから」とか、また別の方は「人生変えたいから」とか色んな理由で受講されているようです。こっちも気合入れなくちゃいかんね。10/2からは日曜昼コースが渋谷校で開講するよ。こちらは女性講師の講師Kっす。講師Kさん、読んだらコメントよろしくたのむよ!

それにしても何故か前回の記事で1日のアクセス数最多更新(75件)。う~ん。よくわからないなぁ。ヒグマがよかったのか・・・?打倒!真鍋かをり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

恐るべし数量分析!

9月より証券アナリスト協会が主催する「数量分析講座(予備講座全3回、本講座全6回)」に参加することにしました。証券アナリスト資格の講師をするわけでもないのですが、やはり金融でポートフォリオ理論を語る際に「数学的アプローチは知っておいた方がよいかな」と以前から思っており、ようやく重い腰をあげたという次第です。本日は予備講座の2回目でしたが、教室は約60名ほどでほぼ満杯(写真下)でした。P505i0011796746

持っている携帯ストラップのロゴや聞こえてくる会話から察するに、ほとんどが金融機関のスタッフ部門の方のようです。まぁスタッフ部門じゃないと平日の18:30から来れませんよね・・・アナリスト試験は営業の方があまり合格できないのも頷けます・・・。

それはさておき、講座ですが私のように頭のてっぺんからつま先まで純度100%の文系人間には、高校2年くらいから実に20年ほど避けてきた数式・公式のオンパレードです。講師プロフィールによると、東大の大学院の研究生みたいな方が教えてくれるんだけど、これまた講師業を生業とする私から見ると実に素人っぽい教え方なのが追い討ちを掛けてくれます(一生懸命さは伝わってきたのと、受講料が安いのでよしとしますけど)。でも、今まで腑に落ちなかったことが1つ1つ理解できていく快感のようなものは味わえました!これはよかった。収穫です。なんかこう絡まっていた糸がほどけていく感覚ですね。。。

しかし36歳にもなってシグマの計算問題やらされるとは思いませんでしたけど・・・《前略、高校の数学の先生、先生のいうとおり真面目に勉強しておけばよかったと拙者今頃反省しております(号泣)》。それともう1つ、関数電卓買ったはいいけど、使い方わからね~。誰か教えてくれよっ!!(ついでに関数電卓使い方講座もやってくれ)。7,000円もしたんだぞ!!(もちろん経費で落とさせていただきます)

まぁまだ先は長いんで挫折しないように頑張りますかね。

(写真上)Σ(シグマ)のオンパレード。
      なんか累計の足し算に便利らしいぞ!
P505i0011993360


(写真下)こちらはヒグマ(エゾヒグマ)。北海道に生息していて川魚や木の芽、小動物などを主食としているらしい。こっちのほうが親しみやすいな。。。
P505i0011862286

◆◇◆◇本日の講義◆◇◆◇
某銀行主催お客様向けセミナー(セミナー1h) 
以上

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

CFP金融予想②

日銀の金融政策の問題では、おそらく公開市場操作(オペ)において「札割れ」が今年2月頃から度々生じていることを考えると、選択肢の1つとして出題されそうです。

「札割れ」はこちらを参照してね。

さらに今年6月2日には、日銀当座預金残高が2001年3月の「量的緩和政策」導入以来初めて下限目標の30兆円を下回っています。これも日銀の金融政策の今後の行方を見極める上で重要な出来事ですから、11月試験受ける人は一応頭に入れておく必要はあると思いますよ。あくまでもサラっとね(深入りは禁物です)。

日銀当座預金残高割れは森永卓郎さんの記事を参照して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CFP金融予想①

体調も万全とはいかないまでも何とか回復に向かい、ワイルドカード争いを繰り広げるヤンキースvsアスレチックス戦を観ながら模擬試験作成に取り掛かりました。

次回11月CFP試験(金融資産運用設計)の予想ですが、
パターンどおりであれば「国民生活白書」の虫くい問題が出題されるはずですが、
今年は「国民生活白書」の発表時期が例年より約3ヶ月遅れたため、問題作成スケジュールから考えて出題はないかもしれません。
一方、これも11月試験お決まりの日銀の「金融経済月報」の基本的見解の虫くい問題。
こちらはパターンどおり出題されると予想します。「国民生活白書」が出題できないとネタがありませんからなおさらです。
6月分、 7月分あたりの基本的見解はプリントアウトして電車の中ででもサラッと読んでおくべきでしょう。
「マル憶え」しなくても「どんなことが書いてあるのか」を本文に出てくるキーワード(IT関連分野の在庫調整、原油価格上昇の影響など)を意識して流し読みする程度でよいでしょう。

キーワードを意識して読んでおけば、出題される月がずれてもなんとなく解けるものです。
あまりここだけに力入れすぎないことも重要ですよ。所詮は1問。。。

個人的には昨年初刊行の内閣府「日本経済2004(いわゆる『ミニ白書』)」が出てもおかしくないかなと思ったりもしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

講師Aピンチ!

疲れと睡眠不足のため、週末から体調を崩してしましました。
金曜日の名古屋出張(生保関連団体向けのセミナー講師)から帰京したところで、首筋から両耳にかけて発疹ができ、化膿して発熱という最悪の事態です!土曜日のAFP講座(5H)はフラフラながらもなんとか終えましたが、その夜さらに病状が悪化した為、救急の外来に駆け込みました。入院を勧められましたが、本日の日曜日も某校でCFP試験対策講義(6H)だったのでキャンセルするわけにもいかず、2時間ほど抗生物質の点滴を受けてなんとか講義に穴をあけずに済みました。足掛け6年ほど、年間700-800時間の講義をしていますが、未だ一度も病気などで講義に穴をあけた事ないのがちょっとした自慢でしたが、今回も何とか回避!しかも今回の講義は通信講座用の収録もあり、穴をあけると発売スケジュールもずれ込み大迷惑を掛けることになるとこでしたので、とりあえずホッとしています。幸い病状は回復に向かっていますが健康管理の大切さを再認識させられる出来事でした。ハイ。

本日も帰宅後に病院で点滴受けました(講師にドーピング検査がなくてよかったです)。
くせになりそうです。。。
(写真)点滴をうける講師A
P505i0011731213
講師Aの体調と呼応するかのようにドラゴンズの調子も下り坂!こちらもピーンチ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »